トップ イタリア料理店ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

イタリア料理店ナビイタリア料理とは? > イタリア料理の食材

イタリア料理の食材

イタリア料理の食材の画像

イタリア料理は、トマト、オリーブ・オイル、チーズ、ハーブなど、体に良い食材をたくさん使っています。

イタリア料理でよく使われる野菜にトマトがあります。
トマトは、ビタミンA、Cなどのビタミンを多く含んでいます。
女性に嬉しいコラーゲンを作ってくれるビタミンH、Pなどを含んでいます。
また、トマトに含まれるリコピンは、老化の原因の活性酸素を退治してくれたり、血圧を下げる役割のあるルチンを多く含んでいます。

オリーブ・オイルは、油のなかでも不飽和脂肪酸がとても多く含まれています。
この不飽和脂肪酸は、動脈硬化を起こす、悪玉コレステロールの値を下げる役割をしています。
オリーブ・オイルの中でも、エクストラ・バージン・オイルは、上質のオリーブ・オイルで、香りも味もとても良いものとなっています。

イタリア料理では、チーズも使います。
チーズには色々な種類がありますが、イタリア料理でよく使われるチーズは、モッツアレッラチーズです。
このモッツアレッラチーズは、脂肪分が少なく、カルシウムを多く含んでいます。

イタリア料理は、味付けをあまり濃くせず、素材の味を生かす料理が多いです。
味をつけるときに使用されるものに、ハーブがあります。
ハーブは、日本でいう薬草で、香りや味が独特です。
イタリア料理に使われるハーブで代表的なものに、「バジル」「ローリエ」「ローズマリー」などがあります。

このように、イタリア料理は、人の体にとても良い食材を多く使っている料理なのです。

イタリア料理店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ アフォガード、ジェラート

イタリア料理のデザートに「アフォガード」があります。 イタリア語で「アフォガード」とは、「溺れた」という意味があり、その意味の通りに、バニラアイスクリームやジェラートに濃いコーヒーなどをかけて食べるデザートです。 かけるコーヒーは、ホットで、普通は味が濃く、苦みのあるエスプレッソが使われますが、他には、リキュールや紅茶などをかける場合があります。 「アフォガード」はデザートなので、アイスクリームにかけるコーヒーなどの量は少なめで、アイスクリームで味が薄まりますので、濃く抽出

イタリア料理店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。