トップ イタリア料理店ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

イタリア料理店ナビイタリア料理とは? > イタリア料理のマナー

イタリア料理のマナー

イタリア料理のマナーの画像

イタリア料理は、フランス料理ほどマナーにうるさくない料理ですが、最低限のマナーはありますので、高級なイタリア料理のお店に行く際は、調べてから行くといいでしょう。

イタリア料理でもナイフとフォークは使用します。
コースのイタリア料理などでは、いくつものナイフとフォークが用意されていたりしますので、フランス料理と同様に外側から使用すれば間違いないでしょう。
また、食事の途中のときは、ナイフとフォークは、クロスするように置くようにし、お皿を下げてもらいたいときは、ナイフとフォークをそろえて置くようにしましょう。

イタリア料理で食べるのが、意外にも難しい料理がパスタです。
フォークに麺を巻きつけて食べますが、巻きつける量が多くなってしまうと、口に入らなくなってしまいます。
フォークに巻き始めるときは、少なめの量を巻くようにしましょう。
また、パスタを食べる際、スプーンを使用するのは日本人だけといわれています。
しかし、イタリアの地域によって、また、スープの量によって、スポーンを使用することもあります。
気をつけなければいけないことは、パスタを食べる際、音を立ててすすらないようにしましょう。

イタリア料理では、一つのお皿の料理を分けて食べることができます。
その際、取り皿をもらうようにし、一つの皿を回して食べないようにしましょう。

イタリア料理は、みんなで楽しく食べましょうという考えですから、他の人が不快にならないようでしたら、あまりマナーとらわれすぎなければいいのではないでしょうか。

イタリア料理店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ペンネ・タリアテッレ

「ペンネ」は、「パスタ」の種類の一つで、「スパゲッティ」のように麺状のものではなく、マカロニのような筒状の形をしています。 日本では、「ショートパスタ」「マカロニ」に近いものになります。 日本でも、スーパーで簡単に手に入ります。 「ペンネ」は、ペンの先のような形で、マカロニのようにまっすぐな切り口ではなく、斜めの切り口で、とがった形をしています。 長さは、いろいろありますが、一般的な「ペンネ」は、4センチぐらいで、太さは、8ミリぐらいになります。 「ペンネ・リガーテ」は、外

イタリア料理店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。