トップ イタリア料理店ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

イタリア料理店ナビイタリア料理の種類 > ピザ

ピザ

ピザの画像

ピザは、イタリアで生まれた料理で、現在はアメリカ、日本でも普通に食べられている料理です。
イタリア料理のお店や、ピザのデリバリ、家庭で作ったりしてピザは食べれられています。
ピザは、イタリア語で「ピッツァ」といいます。

小麦粉、水、イースト菌、塩などを捏ねて、発酵させ、薄く延ばした生地に、具を乗せ、焼いたものです。
ピザの生地に乗せる具は、トマトソースが一般的で、ホワイトソースもあります。
野菜や魚介類、肉類、そして、いろいろな種類のチーズをのせます。

ピザの形は、丸いものが一般的ですが、ローマより北の地域では、長方形のピザがあります。
長方形のピザを切り、販売しています。
気軽に食べられる食事として、学校前や、バス停前などのお店があります。

ナポリピザは丸い「ラウンドピザ」で、専用の窯で焼くため、家庭ではほどんど作られず、ピザ専門のお店で食べます。
ですから、イタリアでは、ピザは家庭の味ではありません。

「マルゲリータ」は、ピザの種類の名前で、トマトソースにモッツァレラチーズ、バジルを乗せたピザです。
他には、「マリナーラ」「クワットロ・ファルマッジ」「ボスカイオラ」「ロマーナ」「ナポレターナ」など色々な種類のピザがあります。

ピザというと、生地を平たく延ばして、具を乗せたものですが、生地に具を乗せ、半分に折った状態で、火を通した「カルツォーネ」というものもあります。
ローマよりも北では、カルツォーネを焼き、南部では、油で揚げて食べます。

イタリア料理店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • IMURI 福岡県福岡市中央区谷1丁目3−15 電話092-762-7070

今日のお勧め記事 ⇒ ニョッキ

イタリア料理で古い料理といえば「ニョッキ」です。 古代ローマ時代から作られていたと言われています。 イタリアでは、木曜日にお腹に溜まるものや、滋養があるものを食べる習慣があります。 「ニョッキ」はお腹に溜まる料理ですので、「木曜日のニョッキ」ともいわれています。 「ニョッキ」は、ジャガイモやカボチャいをマッシュ状にしたものや、ほうれん草、リコッタチーズなどに小麦粉を練ります。 耳たぶぐらいの硬さになったら、直径3センチぐらいの棒にし、1センチの長さに切ります。 フォークの背

イタリア料理店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。