トップ イタリア料理店ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

イタリア料理店ナビイタリア料理の種類 > 米料理、パン

米料理、パン

米料理、パンの画像

イタリア料理にも、お米を使った料理があります。
お米を使った料理というと、「リゾット」が有名です。
「リゾット」は、米と具をブイヨンで煮込んだ料理で、野菜や魚介類、きのこなどを入れて作られます。

米を使ったほかの料理は、「アランチーニ」「インサラータ・ディ・リーゾ」があります。
「アランチーニ」は、ライスコロッケのことで、ごはんをコロッケのように、衣をつけて揚げたものです。
この料理は地方によって、中に入れる具材や形が異なってきます。

パンは、地方によって色々なパンがあります。
作り方も発酵するものや、無発酵のもの、硬いパンや、薄いパンなど様々です。

「ロゼッタ」はローマの伝統的なパンで、形もバラの形をしています。
オリーブオイルにつけながら食べます。

「グリッシーニ」は細長いスティックの形をしたパンです。
そのまま食べたり、生ハムと一緒に食べます。

「フォッカッチャ」は、トスカーナ地方で食べられている平たいパンです。
野菜や肉、チーズなどをサンドイッチのようにはさんで食べます。

他にはロマーニャ地方の「ピアーダ」、サルデーニャ島の「パーネ・カラザウ」など薄い無発酵のパンもあります。

パンを使った料理で日本で有名なものは、「パニーニ」です。
サンドイッチのようにフランスパンのようなパンの間に野菜やチーズなどをはさんでたべます。
「ブルスケッタ」は、イタリア中部の軽食で、硬いパンの上にニンニクをこすりつけ、オリーブオイルや塩、こしょうをかけたものです。
トマトや豆、チーズなどをトッピングして食べます。

イタリア料理店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ パンナ・コッタ

「パンナ・コッタ」は、イタリア北部の家庭で食べられているデザートです。 「パンナ・コッタ」の名前の由来は、イタリア語で、「パンナ」は生クリーム、「コッタ」は温めるという意味があり、名前の通り生クリームを温めて作ります。 「パンナ・コッタ」は、生クリーム、牛乳、バニラビーンズを温めて、ゼラチンを加え、冷やして作ります。 「パンナ・コッタ」を作る際の注意点は、温める際に、沸騰させてしまうと、分離してしまうので、沸騰させないようにしましょう。 また、冷蔵庫で冷やすときは、冷蔵庫の

イタリア料理店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。