トップ イタリア料理店ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

イタリア料理店ナビイタリア料理の種類 > チーズ

チーズ

チーズの画像

イタリア料理では、チーズも使われます。
イタリア料理で使われているチーズには、「ゴルゴンゾーラ」「モッツァレラ」「マスカルポーネ」「パルミジャーノ・レッジャーノ」など色々な種類があります。

「ゴルゴンゾーラ」は、イタリアの代表的なチーズのひとつで、世界三大ブルーチーズになっています。
ブルーチーズは、青カビのチーズで、独特の香りと味が特徴的です。
この「ゴルゴンゾーラ」は、ドルチェとピカンテの2種類あり、ドルチェは、甘みがあり、ピカンテは辛みがあるチーズになっています。
このチーズは、イタリア北部で作られています。

「モッツァレラ」は、イタリア南部で作られているチーズです。
熟成させないフレッシュチーズになっています。
味は、癖がなく、食べやすいチーズですが、弾力があるので、食感は独特です。
癖がないチーズなので、そのまま食されることもありますが、サラダやパスタ、ピザなどの料理に使用することも多くあります。

「マスカルポーネ」は、イタリア北部で作られていたチーズですが、現在はイタリア全土で作られています。
普通のチーズのように固形ではなく、フワフワした食感で、塩分などが少ないチーズです。
そのまま食すには、物足りない味なので、料理や、お菓子、または、他のチーズと混ぜて食べることが多いチーズです。
有名なお菓子のティラミスを作る際、この「マスカルポーネ」を使用して作られます。

「パルミジャーノ・レッジャーノ」は、イタリアの代表的なチーズです。
イタリアの食品の品質管理や生産地の保護制度のDOPが認定したものだけが「パルミジャーノ・レッジャーノ」という名前を名乗ることができます。
このチーズは、1~2年熟成させるため、とても硬いチーズになります。
「パルミジャーノ・レーッジャーノ」は、すりおろしてパスタにかけて食べることが多くなっており、日本では粉チーズの「パルメザンチーズ」が、なじみ深いのではないでしょうか。

イタリア料理店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ パンナ・コッタ

「パンナ・コッタ」は、イタリア北部の家庭で食べられているデザートです。 「パンナ・コッタ」の名前の由来は、イタリア語で、「パンナ」は生クリーム、「コッタ」は温めるという意味があり、名前の通り生クリームを温めて作ります。 「パンナ・コッタ」は、生クリーム、牛乳、バニラビーンズを温めて、ゼラチンを加え、冷やして作ります。 「パンナ・コッタ」を作る際の注意点は、温める際に、沸騰させてしまうと、分離してしまうので、沸騰させないようにしましょう。 また、冷蔵庫で冷やすときは、冷蔵庫の

イタリア料理店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。