トップ イタリア料理店ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

イタリア料理店ナビパスタの種類 > スパゲッティ

スパゲッティ

スパゲッティの画像

イタリア料理というと、「スバゲッティ」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
日本では、最近では「パスタ」と呼ばれていますが、「パスタ」は、「スパゲッティ」、「ラザニア」、「ペンネ」などを合わせて「パスタ」といいます。

「スパゲッティ」の歴史は古く、紀元前にまでさかのぼるといわれています。
小麦粉を原料として作られる麺で、色々なソースなどをかけたり、絡めたりして食べます。

「スパゲッティ」には、いろいろな太さのものがあり、1.2ミリより細い「ヴェルミチェッリ」ものから、2ミリ以上ある「スパゲットーニ」までさまざまです。
太さによって、料理方法やソースを変えて食べます。

日本で「スパゲッティ」というと、乾麺が一般的ですが、スパゲッティ専門の店などでは、生麺などを使用しているところもあります。
乾麺と生麺では、茹で時間はもちろんのこと、食感も少し異なってきます。

「スパゲッティ」で日本で有名なものは、「ナポリタン」「ミートソース」「カルボナーラ」「ペペロンチーノ」など色々あります。
その他には、「トマトソース」「ボンゴレ」「ペスカトーレ」「アラビアータ」「イカスミスパゲッティ」など色々な種類があります。
また、日本独自のソースで「和風スパゲッティ」、「タラコスパゲッティ」などがあります。

「スパゲッティ」の麺は、ソースをかけて食べるだけではなく、サラダのように、キュウリやレタスなどと一緒にドレッシングをかけ、食べる料理もあります。

イタリア料理店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • IMURI 福岡県福岡市中央区谷1丁目3−15 電話092-762-7070

今日のお勧め記事 ⇒ マカロニ

日本にかなり浸透している「マカロニ」は、イタリア料理の食材の一種ですが、もともとは、中国の料理人が最初に作ったといわれています。 マルコ・ポーロがイタリアに持ち帰ったことがきっかけに、13世紀ごろからイタリア料理代表の食材になりました。 イタリアでは、パスタの一つとした麺類ですが、日本やアメリカでは形状が異なってきます。 イタリアでは、穴のあいた棒状のもので、茹でるときに折ってお湯に入れます。 アメリカでは。 穴のあいた短いパスタを「マカロニ」と呼んでいます。 日本では、穴

イタリア料理店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。