トップ イタリア料理店ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

イタリア料理店ナビパスタの種類 > ペンネ・タリアテッレ

ペンネ・タリアテッレ

ペンネ・タリアテッレの画像

「ペンネ」は、「パスタ」の種類の一つで、「スパゲッティ」のように麺状のものではなく、マカロニのような筒状の形をしています。
日本では、「ショートパスタ」「マカロニ」に近いものになります。
日本でも、スーパーで簡単に手に入ります。

「ペンネ」は、ペンの先のような形で、マカロニのようにまっすぐな切り口ではなく、斜めの切り口で、とがった形をしています。
長さは、いろいろありますが、一般的な「ペンネ」は、4センチぐらいで、太さは、8ミリぐらいになります。

「ペンネ・リガーテ」は、外側に縦に溝が入っており、ソースが絡みやすくなっています。
逆に、「ペンネ・リッシェ」は、溝がありません。

「ペンネ」は、「ペンネ」に絡みやすいトマトソースやクリームソースをかけて食べることが多くなっています。
トマトソースの種類には唐辛子を使い、少し辛い「アラビアータ」などが有名です。

太さがあるので、通常の「スパゲッティ」よりも茹で時間が長くなります。
食感は、しっかりしており、噛みごたえあります。

「タリアテッレ」は、パスタの種類の一つで、「スパゲッティ」のように丸い筒状ではなく、麺を平たくしたものです。
太さは、8ミリぐらいです。
イタリア北部でよく食べられおり、一般的には、生麺が主となっています。
ですから、食感は太さもあるので、モチモチした食感になっています。
ソースは、トマトとひき肉で作られたミートソースやクリームソースをかけて食べます。

イタリア料理店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ アフォガード、ジェラート

イタリア料理のデザートに「アフォガード」があります。 イタリア語で「アフォガード」とは、「溺れた」という意味があり、その意味の通りに、バニラアイスクリームやジェラートに濃いコーヒーなどをかけて食べるデザートです。 かけるコーヒーは、ホットで、普通は味が濃く、苦みのあるエスプレッソが使われますが、他には、リキュールや紅茶などをかける場合があります。 「アフォガード」はデザートなので、アイスクリームにかけるコーヒーなどの量は少なめで、アイスクリームで味が薄まりますので、濃く抽出

イタリア料理店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。