トップ イタリア料理店ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

イタリア料理店ナビパスタの種類 > マカロニ

マカロニ

マカロニの画像

日本にかなり浸透している「マカロニ」は、イタリア料理の食材の一種ですが、もともとは、中国の料理人が最初に作ったといわれています。
マルコ・ポーロがイタリアに持ち帰ったことがきっかけに、13世紀ごろからイタリア料理代表の食材になりました。

イタリアでは、パスタの一つとした麺類ですが、日本やアメリカでは形状が異なってきます。
イタリアでは、穴のあいた棒状のもので、茹でるときに折ってお湯に入れます。
アメリカでは。
穴のあいた短いパスタを「マカロニ」と呼んでいます。
日本では、穴の空いた短いパスタや、貝の形、アルファベットの形、など色々な形をした「マカロニ」があります。

通常マカロニは、工場で作られ、乾燥したものが多く、料理する際や食べる際に茹でて使います。

アメリカでは「マカロニ・アンド・チーズ」という「マカロニ」を使った料理があります。
おろしたチーズとバターをマカロニと混ぜ、オーブンで焼いた料理で、アメリカでは人気のある料理です。

日本では、クリームソースや、ミートソースなどを絡め、チーズをかけオーブンでやく「マカロニグラタン」や、茹でたマカロニと野菜をマヨネーズで和える「マカロニサラダ」などが一般的な料理で食べられています。
また、ミネストロ-ネスープなどに入れて食べられることもあります。

アメリカや日本では、マカロニ料理は多く見られ、冷凍食品やレトルトパックなど簡単に食べられるようなものも、たくさんお店で売られています。

イタリア料理店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • IMURI 福岡県福岡市中央区谷1丁目3−15 電話092-762-7070

今日のお勧め記事 ⇒ 魚料理・野菜料理

イタリア料理の魚料理に「アクアパッツア」や「フリット」があります。 イタリアは、海がある国ですので、海岸沿いの地域では、魚介類を使った料理が多くあります。 「アクアパッツア」は、タイ、スズキ、タラ、メバルなどの白身魚や、アサリ、ムール貝などの貝類をトマトやオリーブと一緒に煮込んだ料理です。 「アクアパッツア」なイタリア語で「奇妙な水」「狂った水」という意味で、ブイヨンなどのダシは使わず、水だけで煮込み、魚介類の旨みを引き出した料理なので、この名称がついたのでしょう。 イタリ

イタリア料理店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。