トップ イタリア料理店ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

イタリア料理店ナビイタリア料理のデザート > パンナ・コッタ

パンナ・コッタ

パンナ・コッタの画像

「パンナ・コッタ」は、イタリア北部の家庭で食べられているデザートです。
「パンナ・コッタ」の名前の由来は、イタリア語で、「パンナ」は生クリーム、「コッタ」は温めるという意味があり、名前の通り生クリームを温めて作ります。

「パンナ・コッタ」は、生クリーム、牛乳、バニラビーンズを温めて、ゼラチンを加え、冷やして作ります。
「パンナ・コッタ」を作る際の注意点は、温める際に、沸騰させてしまうと、分離してしまうので、沸騰させないようにしましょう。
また、冷蔵庫で冷やすときは、冷蔵庫の臭いが付きやすいので、ラップをかけて冷やすようにしましょう。
使用する生クリームを低脂肪のものを使用すると、水っぽい出来上がりになってしまいますので、注意しましょう。

出来上がった「パンナ・コッタ」は、そのままでもつるりとした口当たりで美味しいですが、イチゴやブルーベリーなどの季節の果物などのソースをかけて食べたりします。
「パンナ・コッタ」自体に、くりや、きな粉などを混ぜて作ることもあります。
食べやすい食感ですが、高カロリーの生クリームを使用しますので、全体的なカロリーは高めのデザートです。

日本でも「パンナ・コッタ」は、有名なデザートです。
1994年に日本に「パンナ・コッタ」ブームが到来し、日本に「パンナ・コッタ」が広まりました。
現在は、ケーキ屋はもちろんのこと、スーパーやコンビニでも手軽に手に入るデザートになっています。
材料も手軽に入るものですし、作り方もとても簡単ですので、家庭でも気軽に作られています。

イタリア料理店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • IMURI 福岡県福岡市中央区谷1丁目3−15 電話092-762-7070

今日のお勧め記事 ⇒ スパゲッティ

イタリア料理というと、「スバゲッティ」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 日本では、最近では「パスタ」と呼ばれていますが、「パスタ」は、「スパゲッティ」、「ラザニア」、「ペンネ」などを合わせて「パスタ」といいます。 「スパゲッティ」の歴史は古く、紀元前にまでさかのぼるといわれています。 小麦粉を原料として作られる麺で、色々なソースなどをかけたり、絡めたりして食べます。 「スパゲッティ」には、いろいろな太さのものがあり、1.2ミリより細い「ヴェルミチェッリ」ものから

イタリア料理店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。