トップ イタリア料理店ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

イタリア料理店ナビイタリア料理のデザート > エスプレッソ

エスプレッソ

エスプレッソの画像

「エスプレッソ」は、イタリアやフランスで一般的なコーヒーです。
近年、アメリカや日本でも一般的になっています。

風味や良く、味の濃いコーヒーです。
「エスプレッソ」は、通常のコーヒーのようにペーパーフィルターを使って時間をかけてドリップするのではなく、エスプレッソマシンという専用のマシンで圧力をかけ、短時間で入れます。
この専用のマシンによって、圧力がかけられるのです。
専用のマシンは、蒸気圧、人間の力、電動ポンプなど色々な種類があり、業務用のマシンから、家庭用のマシンまで色々あります。
一般的に、「エスプレッソ」を入れるには、9気圧が一番美味しいといわれています。

コーヒー豆というと、種類もたくさんあり、煎り方、挽き方によって味が異なってきます。
酸味、苦み、香りなど、コーヒーには色々な味があります。
普通のドリップコーヒーでは、酸味が多く苦みが少ない浅煎りの豆を使用し、「エスプレッソ」には、酸味が少なく、苦みの多い深煎りの豆を使用します。
「エスプレッソ」は短時間で抽出しますので、深煎りの方が細胞がもろくなっているため、美味しさが溶け出しやすいからです。
また、挽き方では、普通のコーヒーでは粗挽きですが、「エスプレッソ」では、短時間で抽出するので、味が溶けやすいように細挽きの豆を使用します。

「エスプレッソ」は、普通のコーヒーに比べて、とても小さなカップで飲みます。
「小さなカップ」という意味の「デミタス」というカップです。
量は、普通のコーヒーが150ccぐらいですが、デミタスカップは40ccと3分の1ほどの量です。
「エスプレッソ」を抽出する際に、たくさんの量を抽出してしまうと、「エスプレッソ」の美味しさが逃げてしまうため、デミタスカップで飲むようになりました。

イタリア料理店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • チムニー 茨城県つくば市二の宮2丁目1−6 電話029-852-6848

今日のお勧め記事 ⇒ ニョッキ

イタリア料理で古い料理といえば「ニョッキ」です。 古代ローマ時代から作られていたと言われています。 イタリアでは、木曜日にお腹に溜まるものや、滋養があるものを食べる習慣があります。 「ニョッキ」はお腹に溜まる料理ですので、「木曜日のニョッキ」ともいわれています。 「ニョッキ」は、ジャガイモやカボチャいをマッシュ状にしたものや、ほうれん草、リコッタチーズなどに小麦粉を練ります。 耳たぶぐらいの硬さになったら、直径3センチぐらいの棒にし、1センチの長さに切ります。 フォークの背

イタリア料理店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。